電子タバコと加熱式タバコを比較!あなたはどちらを選ぶ?


社会全体で変化している喫煙への意識

近年、非喫煙者の受動喫煙防止や環境保全といった目的で、都心部を中心に喫煙エリアが縮小されています。以前は当たり前のように喫煙できた居酒屋でも全面禁煙、分煙、時間帯別によって喫煙可否が定められているなど、社会全体で非喫煙者へ配慮する意識が高まってきました。そうした背景から、喫煙者自らが煙の臭いを抑えられる電子タバコに切り替えるケースも増えており、互いが快適に過ごせる環境へと変化しつつあります。

では電子タバコとは、どういったものなのでしょうか。

電子タバコと加熱式タバコの違い

一般的に「電子タバコ」とひとくくりにされがちですが、実はさまざまな種類があり仕組みが異なります。喫煙者にとっての大きな違いは、ニコチンが含まれているか否かです。まずは「加熱式タバコ」。こちらはタバコの葉を熱して蒸気をつくり、ニコチンが含まれた蒸気を吸引します。そしてもう一方が「電子タバコ」。液状のリキッドを熱して蒸気をつくり吸引しますが、こちらにはニコチンが含まれていません。※海外ではニコチンが含まれたリキッドも販売されています。

あなたはどのタバコを選ぶ?

タバコには健康被害を及ぼす可能性のあるニコチンやタールをはじめ、多くの有害物質が含まれています。「加熱式タバコ」には依存性のあるニコチンが含まれていますが、通常のタバコよりも有害物質が大幅にカットされているといいます。

1度タバコを吸い始めると依存性があるため、なかなか辞められません。禁煙やタバコの切り替えを検討中の方は、周囲への配慮だけでなく、ご自身への健康も考慮してタバコを選んでみてはいかがでしょうか。

日本国内ではニコチンリキッドの販売は禁止されていますが、所持や使用は認められています。海外の販売サイトなどを通じて購入することができます。