定期的にきれいにして美しく使い続けよう!機械式時計のメンテナンス


風防をきれいにしよう

機械式時計のメンテナンスする部分はいくつかありますが、そのひとつが風防です。風防とは、機械式時計の文字盤部分についている透明なケースのことです。この風防部分に傷や汚れがついていると文字盤が見にくくなってしまうので、時計の意味をなさなくなってしまいます。風防部分は、機械式時計の本体部分に近いこともあって、水拭きなどをしてはいけません。メガネ拭きなどを使用して乾拭きをするとよいでしょう。

ベルトをきれいにしよう

機械式時計には、デザインによって皮や布、ゴム製、金属など様々なベルトが使用されています。使用しているベルトによってメンテナンスの方法は異なります。間違ったメンテンナンスを行うと劣化する可能性があるので注意が必要です。布や革のベルトは、水分を含ませてしまうと、カビや汚れの原因となるので乾拭き程度に収めるとよいでしょう。金属ベルトは、金具の間に皮脂などが挟まることがあるので、はけなどを使用して丁寧にゴミを取り出します。ベルトの劣化が激しい場合には、ベルト交換をするとよいでしょう。専門店で依頼することもできますが、自分で行うことも可能です。

本体部分は専門家へと

機械式時計のメンテナンスとして欠かすことができないものは、本体部分のメンテナンスです。機械式時計は、ネジを動力として、様々な細かな部品が緻密に組み合わさって完成しています。この部品のひとつひとつが変質してしまうと、時刻がくるってしまいます。また、機械式時計にはスムーズな動きを実現するために油を差しています。油切れや酸化によっても傷むので、定期的に専門家のメンテナンスが必要でしょう。

オーデマピゲは1875年に創立された、スイスの歴史ある高級腕時計ブランドです。日本に10店舗以上を構えており、日本限定のモデルも販売されています。