自分でもできる?機械式時計のメンテナンス方法と目安


正しいメンテナンスの方法

機械式時計の愛用者の中には、手先が器用で時計の構造に詳しいといった理由でメンテナンスを自分の手で行おうとする人も少なくありません。機械式は、数多く使われている細かいパーツが全てが正確に組み合わさって初めて正常に作動する時計です。メンテナンスはパーツを交換するだけでなく、分解しての超音波洗浄、潤滑油の注入など素人では難しい作業がたくさんあります。些細なミスでも動かなくなることがあるほど繊細な作りをしているため、高い技術力と経験を持ち合わせていなくてはいけません。大事な時計を壊してしまうことのないように、メンテナンスは専門のお店に依頼をすることが基本となります。

メンテナンスを行う目安

機械式時計のメンテナンスは利用頻度や商品によって若干の違いはありますが、3年から5年が目安と言われています。定期的なメンテナンスが必要とされる理由の一つが部品の消耗です。ムーブメントと言われる動作に必要なパーツや時計の裏蓋は、使用に伴う劣化は避けられません。例え防水機能が備わっているタイプでも、経年劣化によって裏蓋に隙間ができてしまうと、そこから内部に水分が入ってしまうこともあります。機械式時計は定期的にメンテナンスを行っていれば、何十年と使い続けることも可能です。面倒だからといってそのまま放置せずに、数年に1度行うことを習慣付けることが大切と言えます。

業者に依頼した時の費用の相場

メンテナンスを業者に依頼する上で気になる人も多いのが費用です。掛かる費用の相場は時計によって若干異なりますが、平均で5万円から10万円程度と言われています。金額は業者がそれぞれ自由に設定できる形となっているため、複数の業者から見積もりを取って決めることが重要です。

グランドセイコーは国産初のダイバーズウォッチを生み、そのスペックは進化し続けています。防水は当初150mでしたが、現在では3000mの深さまでの潜水をも耐えることができます。