内祝いに贈って喜ばれる!カタログギフトの選び方


内祝いに迷ったときは、カタログギフト!

結婚祝いや出産祝いなどを頂いたときには内祝いを贈ります。でも内祝いって、何を贈ればいいのか迷ってしまいますよね。それぞれの好みを把握しているわけではないし、出産祝いなら子育てで忙しく、内祝いを選んでいる余裕もありません。

そんなときはカタログギフトはいかがでしょうか。多くの百貨店やブランドからカタログギフトが出ていますし、食品もあります。価格も選べるので、頂いたご祝儀の3分の1から半額ぐらいのカタログを選びましょう。

カタログギフトのメリット

贈る側にメリットのあるカタログギフトですが、貰う側にももちろんメリットはあります。みなさんは内祝いや引き出物で、あまり好みでないものを貰ったことはありませんか?気持ちはうれしいけれど、一度も箱から出されることのない品物や、賞味期限が過ぎてしまって廃棄してしまう好みでない食品など、残念ながら内祝いで戴くことも少なくありません。また、遠方から来ているのに重たい引き出物を頂いたり…。

カタログギフトなら、荷物になることもなく、ゆっくりと好みのものを選ぶことができます。

カタログギフトのデメリット

喜ばれがちなカタログギフトのデメリットとしては、ずばり好みのものが載っていない場合です。結局申し込まなかったり、申し込むのを忘れてしまうケースもあります。全員の好みを網羅するのはなかなか難しいかもしれませんが、年齢や性別などを考えて、できるだけみんなの好みのものが載っていそうなカタログを選びましょう。

また、少し味気ないと感じてしまう人もいるかもしれません。「荷物になるのでカタログギフトにしました」や「お好みのものをゆっくり選んでいただきたいので」などの一言があると印象がよくなります。

結婚式や出産祝いのお返しに、何を贈ろうか悩んでしまう人も少なくありません。相手の好みやギフト選びに悩んでしまったら、贈った相手が自由に選べるカタログギフトがおすすめです。