屋上緑化のメリットとは?本当に効果はあるのでしょうか。


屋上緑化の基本知識とは

屋上緑化とは、建物の屋根や屋上などに植物を植えて緑化することです。公共施設の屋上や、オフィスビルの屋上、一般家庭の屋根などに設置されています。デパートなどの屋上庭園は、目的が緑化だけではないため、屋上緑化と呼ばれることは少なくなっています。屋上緑化を取り入れることで、様々なメリットやデメリットが発生します。

ヒートアイランド現象を緩和する効果

都市部では、ヒートアイランド現象が深刻化しています。ヒートアイランド現象が起きてしまう要因として、地面などの塗装や、ビルなどが太陽光を吸収し、温度が上がりすぎることが挙げられています。また、気温が高いとエアコンの使用が増え、排熱でさらに気温が上がってしまう現象も起こります。屋上緑化で日光を遮ることによって、ヒートアイランド現象を緩和する効果が期待出来ます。緑化されていないアスファルトは、50度以上の温度になることもありますが、緑化することで35度以下に下げることが可能です。また、建物の気温が下がることにより、エアコンの稼働率も下げられます。

建物を保護する効果がある

きちんと防水処理して、積載荷重条件を計算して、屋上緑化を取り入れた場合、建物を保護する効果があります。紫外線や雨などにさらされることで建物は劣化していきますが、屋上緑化すると、植物が守ってくれるのです。また、日光による、急激な温度変化も和らぎます。

見て癒される、癒し効果

緑を見ると心が落ち着きますよね。病院の屋上などでは、緑の癒し効果を期待して、屋上緑化を進めているところもあります。また、癒される植物を配置することで、建物自体のイメージアップ効果も期待できます。

屋上緑化は室内の温度の上昇を防ぐなどメリットも多くありますが、正しい設計をしなければ散水による水漏れなどのトラブルが起こることもあります。導入する時は排水設備を整えることがポイントです。