メリットいっぱい!電子タバコによる新しい喫煙体験の利点


ヤニの臭いや汚れの心配がない

タバコを吸う際に周囲に気を使わなければいけない課題として出てくるのがヤニ問題です。ヤニはタバコの燃焼で発生するタールが原因となっています。電子タバコでは燃焼は行わず、電熱によって液体を蒸発させる方式で煙を発生させています。そのためタールなどが発生せず、ヤニが付く心配がありません。依然として電子タバコであっても喫煙時は喫煙所の利用が推奨されていますが、嫌な臭いや汚れを周囲に及ぼしてしまう心配は電子タバコでは基本的に無く、家などで汚れを気にせず安心して吸えるのは大きなメリットです。

フレーバーの種類が圧倒的に豊富

タバコではベースとして煙草の葉を使わなければいけないため、どうしてもフレーバーの種類や風味の幅には限界がありました。しかし電子タバコでは香りのある液体を蒸発させるため、様々なフレーバーを作ることができます。ハッキリとしたジュースのような甘い香りであったり、フレッシュなフルーツフレーバー、従来のタバコのような香りや、純粋なミントのスッキリした香りなどがあります。またそれらを自分の好みで混ぜ合わせて使うことで、自分好みのフレーバーを調合できる楽しみがあります。

ランニングコストが非常に安い

電子タバコは最初に本体となる機器を購入するため、初期費用はやや高めに掛かる特徴があります。しかし以降ランニングコストとして必要になるリキッドの金額は、喫煙できる回数で比較すると通常の紙巻たばこよりも圧倒的に安く、日常的に喫煙をしているのであれば1年もかからずトータルコストでは紙巻きタバコより安くなるメリットがあります。

電子タバコ・pod型vapeのおすすめの点は、ニコチンフリーで果実系などのフレーバーを楽しめて禁煙や減煙に繋げられることです。