撮った写真をいつでも見られるフォトブックに仕立てよう


撮った写真はなかなか見返せないから

最近はスマートフォンを使って気軽に写真を撮影する方が増えています。撮影するのは手軽になりましたが、いざそれを見返すかというと、たくさんありすぎて難しくなってしまう方も多いのではないでしょうか。撮影するだけでそのままになっている写真データがたまっていて、数が多すぎて見返す機会がないという方もいるはずです。そういった方はフォトブックの形にしておきましょう。厳選した写真をフォトブックにしておくことで、何かの時に見返しやすくなります。もっとその時の写真を見たくなったらデータを見ればよいのです。写真を撮影する楽しみだけではなく、見て楽しむことも挑戦できるように、フォトブックの形を活用していきましょう。

データを送って印刷してもらえるので手軽にできる

フォトブックを作るときには、専用のサイトで画像を送り、様々な条件を入力して注文する形が多いです。店舗にデータをもって言って注文することができるところもありますが、オンラインで行うことで自宅にいながら注文し、受け取ることができます。忙しくても簡単にフォトブックを作れるので、定期的に作っていきましょう。

月ごとやイベントごとに作ってみて

タイミングを決めておかないと、後で作ろうと思ってそのままになってしまいがちです。月ごとや何かのイベントのときなど、タイミングを決めて定期的に作っていきましょう。一見何でもない記録になっていても、後から見ると大切な家族の記録になっていることも多いです。また、イベントの時にフォトブックを複数作り、離れて暮らす家族や一緒にイベントを楽しんだ友達にプレゼントすることもできます。

フォトブックは、写真館に制作を依頼する他、スマホの専用アプリを使う場合も、自宅や外出先などでクオリティが高い写真を残すことが可能です。