何に注意をすればいい?東京土産を購入するときのポイント


一つのお店だけで判断をしない

旅行などで東京に訪れた時に名産品をお土産に購入する時の大事なポイントの一つがお店選びです。同じ名産品でも駅の構内や専門店など場所によって金額が大きく異なります。中には1000円単位で金額が変わるケースも少なくありません。例え数百円程度の違いでもまとめ買いをすればそれだけトータルの出費が増えることになります。面倒臭いからといって一つのお店だけで判断をしてしまうと損をすることになるので、できる限り多くのお店に足を運ばなくてはいけません。

特定の商品を取り扱っている専門店に行く

東京土産の中には味や個数などいくつかの種類が用意されている商品もたくさんあります。駅や空港の中にあるジャンルを問わず色々な商品を販売しているようなお店の場合、スペースの問題で種類が限定されるケースも珍しくありません。特定の商品を専門にしているお店であれば全ての種類が用意されているので売り切れていない限り自分の希望する物を買うことができます。東京土産は帰り際など手軽に済ませようとせずにできる限り専門店まで足を運ぶようにするのがコツです。

可能な限り試食をさせてもらう

食べ物系の東京土産を購入する時に忘れてはいけないのが試食です。口コミで人気があるからといって必ずしも自分の好みに合うとは限りません。自分用でなく人に渡す用のお土産であれば特に失敗ができないので予め確認しておく必要があります。過去に食べたことがある物をリピートする場合は問題ありませんが、初めての商品を買う時は可能な限り試食をさせてもらって判断することが大切です。

カンパネラとは、イタリア語で小さな鐘のことを意味します。演奏で使うハンドベルや飲食店等の呼び鈴などが該当します。